世界の夜景A <談話室>
受験への不安A

受験への不安A

お悩み相談室

●原因

ア) 情報不足で判断が困難な状態

イ) 学業不振による不安・あせりと失敗・不合格に対する恐怖

ウ) 周囲の過剰な期待,価値観の相違などによる困惑

エ) 学力・能力などの劣等感と受験会場での上がりの経験

オ) その他・友人の評判などの影響

試験での上がり

世界の夜景B <談話室>
受験への不安B

受験への不安B

お悩み相談室

●本人の努力目標

01) 心身の状況と学業は深い関係があることを理解しておく。
02) 将来の進路についていく通りか考えておく。
03) 教科だけでなく自己の個性,長所・興味・関心を考えた進路決定。
04) 良き友人や理解者を持ち,受験に関して相談する。
05) 入試の傾向について,情報を集める。
06) 基本知識の習慣に重点を置き縦と横から理解を深める。
07) 長期的な勉強を短期的な勉強に分けて計画を立てる。
08) 努力することの大切さを十分理解しておく。
09) 食物繊維を多くとり,快食快便に心がける。
10) 室内の換気と温度に気をつける。

反抗的な態度

世界の夜景C <談話室>
受験への不安C

受験への不安C

お悩み相談室

●家庭での努力目標

01) 子どもとの進路に関する対話に必要な資料を集める。
02) 進学の見通しや本人の取り組みについて気休めを言わない。
03) 本人の進路について,親が意見の違いを子どもの前では言わない。
04) 進路の大切さをわからせる。
05) 本人の能力に合った中学・高校・大学を選ばせる。
06) 成績の結果を見て,あせったり騒いだりしない。
07) スランプが一過性であることを理解させて立ち直らせる。
08) 親の心配や苦労を恩着せがましく言わない。
09) 不用意に中学・高校・大学・社会などの批判をしない。
10) 食事,入浴,保温,換気など本人の健康に気をつける。

トップページ