箕面の紅葉A <中学生の発達段階>
中学2年生 B

中学2年生 B

中学生の発達段階

虚勢的態度が集団的に現れてくる!

この時期は,内心の不安を隠すために,虚勢的態度に出るので,大人の格好をしたがったり,わざと規則を破ったりします。

この行動に対して,周りの大人のほとんどが,生意気になったと,冷ややかに見る傾向があるので,彼らは,そんな大人たちを避けて,自分達だけの“仲間”生活に入ろうと するようになります。

この仲間の中では,虚勢的態度の一番強い者が幅をきかせて,ボスとなる場合が多いようです。

この時期の非行には,劣等感が基礎にあり,虚勢的態度が集団的に現れてくるのが特徴です。

中学2年生 Aへ

箕面の紅葉B <中学生の発達段階>
中学2年生 B

中学2年生 B

中学生の発達段階

心の中に一つの宇宙ができる!

一方で,性に対する羞恥心と異性に対する反発から,悪口を言ったり,非難したりする形をとる者も現れます。

異性愛への高まりが進む一方で、「母」への愛着が,強く残っているために,自分よりはるかに,年長の異性に対する思慕(代償としての愛)という形をとる者がいるようです。

この時期の大きな特徴は,自我を発見し,自己同一性(アイデンティティ)を確立することにあります。

自我の発見とは,心の中に一つの宇宙ができることであり,外界と区別した自己自身に、関心を向けることです。 つまり,新しい世界への旅立ちの時期でもありますので,『第二の誕生』と呼んでいます。

中学3年生 Aへ