春の風景A <乳幼児の発達段階>
4歳児

4歳児

乳幼児の発達段階

4歳児は、2つのタイプに分化!

この時期は、言葉によるコミュニケーションがかなり自由になり、社会的交渉も頻繁になります。

同時に、個性も現れて、主導的な子どもと追従的な子どもとに分化してきます。

また、簡単な役割の分化も見られ、共同の目標を目指して、協力し合って遊ぶこともできるようになります。

また、この時期は、賞罰などに敏感になり、相手に勝ち、優位にたとうとする行動を、はっきりと示し始めます。

発達的には、協力は、競争よりも遅れて現れます。この時期の幼児の思考は、相手や対象に束縛されたものになります。

5歳児へ

春の風景B <乳幼児の発達段階>
4歳児

4歳児

乳幼児の発達段階

4歳児は、昔話や物語が大好き!

例えば、綿1kgと、鉄1kgとが、同じ重さであることの理解は、幼児にとって、大変困難なものです。

頭で考えるのではなく、実物を前にして、触れてみたり、イメージが持てるような、たとえ話をしてあげれば、理解は容易となってきます。

この時期は、言葉の基礎的能力の成熟に加えて、経験も豊富になるので、盛んにしゃべるようになります。

また、思考力・想像力の発達に伴い、まとまった話を聞くのが、楽しみになり、言葉も一段と豊かになります。

「むかしむかし」で始まる超自然的な想像にも、興味を持ちます。子ども達の心の中で、あらゆるものが生きて登場します。

5歳児へ