春の風景A <乳幼児の発達段階>
3歳児

3歳児

乳幼児の発達段階

3歳児は、連合遊びが大好き!

この時期になると、おもちゃの交換ができるようになり、同じ遊びをいっしょにする連合遊びも見られるようになります。

しかし、遊び仲間は比較的少なく、しかも偶然その場にいた者と遊ぶという程度で、子ども同士の関係は断片的で短いものでしょう。

自分の要求をコントロールすることが困難なので、ケンカの頻度も多く、遊び相手は固定しない傾向があります。

幼児の特性として、自己中心的な性格がありますので、遊びの方法・規則・順番などについて、協調することができず衝突が起こります。

4歳児へ

春の風景B <乳幼児の発達段階>
3歳児

3歳児

乳幼児の発達段階

3歳児は、自己統制力を身につける!

ケンカの経験を通して子どもは、自分の要求を抑えなければならないことを知り、また要求を抑えてでも、集団の中で生活することに喜びを見出していきます。

ケンカの頻度は、年齢とともに減少し、自己統制力を身につけ、社会性を発達させていきます。

記憶については、この時期からかなり発達し、色々なものに興味を覚え、「いつ」「どこで」「どうして」「なぜ」としつこく質問してくるようになります。

好奇心・探究心の現れですので、大人が質問に答えてやることによって、幼児は知識や理解を深めていきます。 これにより、環境に積極的に働きかける姿勢や自立心が生まれます。

4歳児へ