新緑の風景A <子育て奮闘記!>
ほめて伸ばすは本当?

“ほめて伸ばす”は本当だった!

金銭的報酬にも匹敵?

運動トレーニングを行った際に他人から褒められると、運動技能が高まることを、自然科学研究機構 生理学研究所の定藤規弘教授や名古屋工業大学のテニュアトラック准教授の田中悟志 東京大学先端科学技術研究センターの渡邊克巳准教授などの研究チームが証明した。
研究チームは、右利きの成人の男女48人に、30秒間のうちにできるだけ速く、順番通りにキーボードを打つといった、連続的な指の動かし方を覚えてもらった。
そのトレーニングの直後に48人を「自分の技能が褒められたグループ」「他人の技能が褒められるのを見たグループ」「自分の技能の成績グラフだけを見せられたグループ」に分けた。

翌日に、覚えた技能を披露するテスト(30秒間のうちにある順番で何回打てるか)を行ったところ、自分が褒められたグループの成績(回数)は20.0%伸びた。
他人が褒められたグループの伸びは14.4%、自分の成績を見たグループの伸びは13.1%にとどまった。
定藤教授は「褒められることは、脳にとっては金銭的報酬にも匹敵する社会的報酬だ。 この社会的報酬を得ることで、運動技能の取得がより上手に促されることを証明した。
“褒めて伸ばす”ことの科学的な妥当性を示すものであり、教育やリハビリテーションにおいて、より効果的な“褒め”の方略につながる可能性がある」と話している。
なお、今回の研究は、文部科学省科学研究費補助金の補助を受けて行われた。研究結果は7日、米オンライン科学誌「PLoS ONE」に発表された。 ※この記事はサイエンスポータルで配信された記事の転載です。

続きを読む

新緑の風景B <子育て奮闘記!>
あるアナウンサーの話?

ある有名なアナウンサーの話です!

結果のみを求めるのは?

彼は、努力して、中国語検定の3級を合格しました。3級は、中国語で日常会話ができるレベルで、外国でのインタビューの時に活用できます。
その後、準2級合格を目指して勉強しました。 ところが、3級合格の結果を、たくさんの人達からほめられた為、次の受検を取りやめてしまいました。
理由は、3級よりも難しかったので、失敗したら、たくさんの人を失望させてしまう、そんな危険を冒してまで、受検はしたくないというのです。
そして、勉強をやめた今では、日常会話もできなくなってしまったという事です。

「結果」をほめればほめるほど、人は、失敗を恐れるようになり、より困難な事や新しい事に、危険を冒してまでは挑戦しないという傾向があります。
結果のみを求めるのは返ってマイナス。
「努力」をほめればほめるほど、人は怠けることをやめ、努力する行動を大切にします。 困難な事や新しい事にも臆することなく、挑戦するようになり、今より高い目標が目指せます。
これからは、子どもたちが出す結果ばかりを気にせず、努力の過程を大切にしてあげてください!いい結果は、いい努力のあとから、ついてくる! 大きな目標をたて、努力を続けること。そして、その努力を結果よりも評価してあげる。そうありたいですね。

続きを読む